読書・コラム・レポート

トマス・ピンチョンの全作品 一挙刊行

小説家・トマス・ピンチョン(Thomas Ruggles Pynchon 1937~)の全作品が、新潮社から刊行される。

ピンチョンはアメリカ出身の小説家。「現代アメリカ文学の最高峰」とも謳われる彼は、ノーベル文学賞候補の常連としても知られ、1973年に発表した代表作『重力の虹』は、その複雑怪奇なストーリーと、上下巻で約1000ページという圧倒的なボリュームで、世界中の文学ファンを唸らせた。

今回刊行されるのは『メイソン&ディクスン』『逆光』『スロー・ラーナー』『V.』『競売ナンバー49の叫び』『重力の虹』『ヴァインランド』『インヒアレント・ヴァイス』の計8作品。ご覧頂ければ分かるようにピンチョンは寡作で知られ、50年にも渡るキャリアの中で長編小説を7作しか発表していない(『スロー・ラーナー』は短編集)。

6月30日には、シリーズ第1巻として『メイソン&ディクスン』が、東京大学大学院教授・柴田元幸氏の訳で発売された。柴田氏はこの作品を「憂鬱症気味で引っ込み思案のメイスンと、根の明るい酒飲みのディクスンとが、時に喧嘩もしながら、読者から見れば何とも面白可笑しい旅を続ける、ギャグやコント満載の珍道中」と説明。9月にはシリーズ第2弾『逆光』が刊行される。


※このページの画像はスクリーンショットです

【関連リンク】
・トマス・ピンチョン全小説―新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/tomaspynchon/collection/index.html

【「読書・コラム・レポート」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ