音楽と動画

ピストルズの仕掛け人を偲ぶパンクの企画展

8月21日(土)から、東京・代官山の「SILAS&MARIA DAIKANYAMA」で、今年4月に亡くなったマルコム・マクラーレンをトリビュートした、パンクをテーマとしたアート展「PUNKS NOT DEAD」が開かれる。

マルコム・マクラーレン(Malcolm McLaren 1946~2010)は、ファッションデザイナーにして、Sex Pistolsを世に送り出した音楽業界の一大仕掛け人。音楽とファッションに反体制的な思想を織り込んだPistolsを世に送り出し、70年代中期のイギリス・パンクムーブメントを作り上げたのがマルコムであり、ツンツンに立てた短髪、鋲付きの革ジャン、安全ピンで留めたボロTシャツ、安全靴というパンクスのスタイルは、彼が考案したものだとも言われている。

今回の「PUNKS NOT DEAD」展は、今年4月に中皮腫により64歳で亡くなったマルコムを偲んで行われる、パンクをテーマとした企画展。マルコムのアートスクール時代の友人で、ピストルズの一連の作品のアートワークを手掛けたジェイミー・リードの作品をはじめ、グラフィティ/ストリート系アーティストや、現代アートの作品30点以上が展示・販売される(一部非売品)。

同展は、東京・代官山の「SILAS&MARIA DAIKANYAMA」(渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F)内の「ギャラリー・ノースゲート」で、8月21日(土)~9月12日(日)まで。


※このページの画像はスクリーンショットです

【関連リンク】
SILAS (クリックすると音が出ます)

【関連記事】
ストーンズの歴史的名盤の制作風景が映画に
HMV渋谷店閉店間近 イベント続々開催
ハイブリッドおもてなしサロン 六本木で開宴

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ