アートとデザイン

写真家・正田真弘初の個展『SM展』

写真家の正田真弘が、9月17日(金)から、タイトルに自身のイニシャルを冠した初の個展『SM展』を開催する。

正田真弘は1977年生まれ。フリーランスとして独立後、2005年に渡米し、2009年に帰国。拠点を日本に移して以来、『GQ JAPAN』、『SWITCH』などの雑誌の他、坂本美雨のPV(『Phantom girl』)、ゆずのCDジャケット(『FURUSATO』『虹』)、さらにミスタードーナツのCM制作などにも携わり、媒体を問わない活躍をしている。

2010年、Luezer's Archiveの「世界のベストフォトグラファー200人」に選出された正田は、今回の個展について「2010年は新しい時代の幕開けと感じていて、写真家としてこれからの時代に自身の眼差しと態度をもって向き合って行きたいという意思を作品展で示せればと思います」と話している。本展では、アメリカで活動していた4年間の代表作品をはじめとした約30点が紹介されるほか、プリント作品や、ネペンテスとコラボレーションしたTシャツも販売される。

『SM展』は、代官山のGALLERY SPEAK FOR(渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F)で、9月17日(金)~29日(水)まで(11:00~20:00 木曜休)。入場は無料。

【関連リンク】
Shoda Masahiro
GALLERY SPEAK FOR

【関連記事】
写真家レスリー・キーのトークイベント開催
ピストルズの仕掛け人を偲ぶパンクの企画展
六本木の空にマン・レイの作品が浮かぶ

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ