音楽と動画

ヴィンセント・ギャロ in ブルーノート東京

11月30日(火)~12月2日(木)、ヴィンセント・ギャロが来日し、ブルーノート東京でクラブ公演を行う。

ヴィンセント・ギャロは、画家、ミュージシャン、俳優、映画監督など、様々な肩書きを持つマルチ・アーティスト。1998年に監督・主演を務めた自伝的映画『バッファロー'66』で一躍脚光を浴びて以来、10年以上たった現在も、多分野で活躍している。先日閉幕したばかりのヴェネチア国際映画祭でも、巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『テトロ』で主演男優賞を受賞している。ミュージシャンとしては、2003年、2007年のフジロックフェスティバルに出演しているが、3度目の来日となる今回は、初のクラブ公演となる。

ブルーノート東京は、南青山に位置する、ニューヨークの名門ジャズ・クラブ「ブルーノート」の姉妹店。ジャズを中心に、様々なジャンルにおける一流のミュージシャンが毎晩ライブを行っている。音楽と同時に、世界トップクラスの食事を楽しめることも魅力のひとつ。この会場を、ギャロがどう演出するのか。

公演は、11月30日(火)~12月2日(木)の3日間で、1日2部構成(19:00~/21:30~)。一般予約の受付は10月5日(火)から。詳細は、下記のブルーノート東京の公式ページを参照されたい。

(この画像はサイトのスクリーンショットです)

【関連リンク】
ブルーノート東京
ブルーノート東京 VINCENT GALLO
The official website for Vincent Gallo by Vincent Gallo

【関連記事】
デヴィッド・リンチの作品 川久保玲の空間に
風俗街がアート街に再生 街全体でアート展
大宮エリー、USTでスナック開業中

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ