ITとコミュニケーション

サブカルの総本山「ガロ」が電子書籍で復活

青林堂は9月30日、漫画雑誌『ガロ』をiPad向け電子書籍『ガロ Ver2.01』として復活させた。

『ガロ』は、1964年に創刊された青少年向け漫画雑誌。白土三平の『カムイ伝』を皮切りに、つげ義春、池上遼一、滝田ゆう、丸尾末広、蛭子能収、根本敬、みうらじゅんなど、"アク"の強い作家を数多く輩出し、長らく日本のサブカル界をけん引したが、90年代後半の売り上げ部数低下にともない、休刊状態が続いていた。

今回復活した『ガロ Ver2.01』は、「WEB・同人で活躍中の作家による作品を集成。萌えから燃え、ジュブナイルSFまでカバーする、日本初のiPad向け新作コミック誌」(青林堂のHPより)。App Storeにて350円でダウンロードすることができ、不定期で刊行される(季刊予定)。このほかにも青林堂は、過去の名作「サイクル野郎」(荘司としお)、「炭焼き物語」(作画:武野 繁泰、原作:宇江 敏勝)を10月初頭より電子書籍で販売する。詳細は下記公式サイトまで。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
青林堂
iTunes App Storeで見つかるiPad対応ガロ Ver2.01

【関連記事】
100均で見つけた謎の商品を集めた企画展
企画AV女優へのインタビューが映画に
「中島らも七回忌回顧展〜神戸らもてん」が開催

【「ITとコミュニケーション」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ