アートとデザイン

片山正通の頭の中をのぞき込む展覧会

10月29日(金)から、東京・銀座の「ポーラ ミュージアム アネックス」で、Wonderwall(ワンダーウォール)の展覧会『Exhibition of Wonderwall Archives 01 -10 Project Models-』が開催される。

Wonderwallは、インテリアデザイナーの片山正通が主宰するデザイン事務所。片山は、インテリアデザインをはじめとして、建築デザインディレクション、プロダクトデザインなど幅広い分野で活躍しており、大胆さと緻密さが同居し、見るものに新鮮な気持ちを抱かせるデザインは、多くの消費者の共感を得ている。

今回の展覧会は、そのデザインプロセスに欠かせない"模型"の中から、代表的な10 のプロジェクトの模型を展示。片山は「空間全体、素材のバランス、動線、空気感といったものが把握できるのはCG ではなく、模型」と語っており、普段目にすることのない「小さなリアルの世界」をつぶさに見ることで実際の空間を疑似体験し、片山の頭の中をのぞき込めるかのような試みになっている。

『Exhibition of Wonderwall Archives 01 -10 Project Models-』は、「ポーラ ミュージアム アネックス」(中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F 東京メトロ・銀座一丁目駅すぐ)で、10月29日(金)~11月28日(日)まで。開場時間は11:00~20:00、入場は無料、会期中は無休。会場では、国内初となる作品集『Wonderwall Archives 01』も先行発売される。同展は東京の後、福岡、名古屋を巡回する予定。

photo by Kozo Takayama

【関連リンク】
Wonderwall
ポーラ ミュージアム アネックス


【関連記事】
風俗街がアート街に再生 街全体でアート展
休館日の美術館でクロスカルチャーイベント
「死なない家」の住民を記録した映画


【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ