アートとデザイン

GAP ネットの圧力でロゴ変更を撤回

4日、ブランドのオフィシャルFACEBOOKページにて、ロゴの変更を発表したGAPだったが、12日、GAPはロゴの変更を撤回した。

GAPは4日、ロゴを、紺地に「GAP」の白文字が浮かび上がった従来のものから、白い背景に太字の「GAP」の文字が描かれたものに変更することを発表した。ところが、この新ロゴの評判は悪く、ネット上には次々と非難の声が殺到したため、GAPは6日「みなさんのアイデアも見たい」という声明文を発表し、広くロゴのアイデアを募っていた。

そして「元に戻せ」「俺がデザインしてやる」など、さまざまな意見が集まるなか、12日、GAPはついに「OK。みなさんが新しいGapロゴを好まないことがはっきりと聞こえました。私たちは今夜(12日)青く四角いボックスのロゴへ戻します」と、ロゴの変更を正式に断念。新ロゴはわずか1週間限りの幻のものとなり、ここに前代未聞の"ロゴ変更反対騒動"は終結した。

この件についてGAPは「大勢の人がわれわれのブランドに関心を持っているとわかった」と発表。一方ツイッターなどには、「話題集め」との辛口な意見も登場している。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
GAP
米GAP、ロゴ変更を断念 ネット上に非難殺到-SankeiBiz

【関連記事】
アンダーカバー×ナイキのランニングウェア
ラルフローレンのカジュアルブランド初進出
ディーゼル"尻を蹴られるバイト"を募集中

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ