アートとデザイン

ティンバーランドのブーツをお好みの仕様に

アウトドアグッズやブーツなどでおなじみのTimberland(ティンバーランド)が、10月27日(水)~28日(木)の両日、東京・原宿に「カスタムメイドブーツバー@原宿」をオープンさせる。

Timberlandは、アメリカ生まれのカジュアルグッズメーカー。この企画は、ティンバーランドジャパンの10周年を記念して行われるもので、カスタムメイドブーツのオーダー販売のほか、著名人がデザインしたカスタムメイドブーツの展示、ティンバーランドの歴史を紹介するコーナーや今シーズンの冬物商品の販売などが行なわれる。

ブーツのカスタマイズは、例えば同社の代表的なブーツである「6インチ ブーツ」の場合、レザーアッパー、ミッドソール、アウトソール、ステッチ、刺繍、レースなどを、お好みのカラーにすることが可能。更に希望によって、ハングタグやタン、あるいはヒールに4種類の書体の中からイニシャルか数字の刺繍を入れることができる。

「カスタムメイドブーツバー@原宿」は、10月27日~28日の12:00~21:00(20:30オーダー受付終了)、原宿の「Vacant」(渋谷区神宮前3-20-13)でオープンする。カスタムメイドできるブーツや、カスタマイズできる部分その他詳細は、下記関連リンクまで。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
10周年記念イベント-ティンバーランドジャパン

【関連記事】
GAP ネットの圧力でロゴ変更を撤回
アンダーカバー×ナイキのランニングウェア
ラルフローレンのカジュアルブランド初進出

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ