ゲーム・アニメ・コミック

横山裕一の制作風景を体感できる企画展

横山裕一のオープンスタジオ企画『カラー土木』が、19日(金)から始まっている。

横山裕一は、1967年生まれの漫画家・美術家。代表作に『NIWA』『トラベル』『ニュー土木』などがある。オリジナリティあふれる作風は「ネオ漫画」とも呼ばれ、現代美術の文脈で語られることも多く、海外からの評価も高い。

本企画は、現代アートギャラリーのNANZUKA UNDERGROUNDとアメリカ・Picture Boxが共同出版する横山の新作漫画画集『カラー土木』のための公開制作プロジェクト。横山作品ファンにはおなじみの、大型キャンパスに描かれるコマの制作風景を見ることができる。また、過去に描いた大作や、漫画のコマなどの展示もあるという。

会場は、NANZUKA AGENDA渋谷(渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1F)、公開時間は15時から19時(金曜日のみ13時から20時)。公開日が限られているため、下記関連リンクにて日程をご確認頂きたい。日程は、公式Twitterでも随時配信されている。『カラー土木』は、来年1月まで。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
NANZUKA UNDERGROUND
NANZUKA UNDERGROUND on Twitter
横山裕一

【関連記事】
サブカルの総本山「ガロ」が電子書籍で復活
銀座でスヌーピー60周年イベント開催
7月 渋谷に新たな複合施設誕生

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ