アートとデザイン

文化庁メディア芸術祭、受賞作決定

第14回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表された。

メディア芸術の創造と発展を図り、97年から始まった文化庁メディア芸術祭。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で、世界中の作品から選ばれた中でも優れたものに贈賞され、毎年2月には受賞作品展も開催されている。

今年度の応募総数は、世界49カ国地域から集まった、過去最多となる2,645作品。それぞれアート部門では、巨大サウンドスカルプチャー・『Cycloïd-E』(作者:Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD (Cod.Act))、エンターテインメント部門では、auスマートフォンのプロモーションとして公開されたジェネレーター『IS Parade』(作者:林 智彦/千房 けん輔/小山 智彦)が大賞を受賞。アニメーション部門では、話題のクリエイターが多数参加の『四畳半神話大系』(作者:湯浅 政明)、マンガ部門では作者がデビュー前から構想をあたためていたという壮大な歴史漫画『ヒストリエ』(作者:岩明 均)が、共に大賞の栄誉を受けた。また、功労賞には、マンガの発展に貢献した1人として、編集者の栗原良幸が選ばれた。

第14回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展は、東京・六本木の国立新美術館で2011年2月2日から開催。受賞作品以外にも、審査委員会推薦作品も併せて計171作品が展示されるという。詳細は、公式サイトまで。

(文中敬称略)

(※この画像はサイトのスクリーンショットです)

【関連リンク】
文化庁メディア芸術プラザ

国立新美術館

【関連記事】
トーキングヘッズのデビッドバーンART展
風力で動く巨大人口生命体がお台場に登場
佐藤雅彦研究室 卒業生グループ展

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ