映画・演劇・ドラマ

「時計じかけのオレンジ」が小栗旬主演で舞台に

スタンリー・キューブリック監督の名作映画として知られる『時計じかけのオレンジ』(原題『A Clockwork Orange』)が、小栗旬の主演で舞台化される。

『時計じかけのオレンジ』は1962年、イギリスの小説家・アンソニー・バージェスが発表したSF小説。暴力、レイプ、強盗、殺人、自殺、洗脳などを含むセンセーショナルな内容を、1971年に『2001年宇宙の旅』で知られるスタンリー・キューブリック監督が映像化し、発表後約40年を経てなお、同映画はカルト的な人気を誇っている。

今回の舞台化では、狂気的な主人公・アレックス・デラージを小栗旬が演じ、演出を河原雅彦が担当。「衝撃と誘惑と大音量の音楽 疾走するウルトラバイオレンスの世界」(公式サイトより)が、舞台上に展開される。同作は過去に原作者・バージェスの脚本によりイギリスで舞台化されたことはあるが、日本では初の舞台化となる。

舞台版『時計じかけのオレンジ』は、2011年1月2日(日)~30日(日)まで、東京・赤坂の「赤坂アクトシアター」で。東京公演後には、仙台公演(2月4日~6日 イズミティ21・大ホール)、大阪公演(2月9日~15日 梅田芸術劇場 メインホール)、北九州公演(2月18日~20日 北九州芸術劇場 大ホール)、愛知公演(2月24日~27日 刈谷市総合文化センター 大ホール)も予定されている。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
赤坂ACTシアター 『舞台 時計じかけのオレンジ』
時計じかけのオレンジ2011 (2011orange) on Twitter

【関連記事】
日本最大の舞台芸術の祭典がいよいよ開幕
出演者はあなた!池袋で観客参加型演劇開催
ガラスの仮面 蜷川幸雄演出で再び舞台化

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ