映画・演劇・ドラマ

ゴンドリーがハリウッドのアクション大作に挑戦

ミシェル・ゴンドリー監督の最新作『グリーン・ホーネット』が、1月22日(土)から全国公開される。

ミシェル・ゴンドリー(1963~)はフランス出身の映像作家・映画監督。Bjork、The Chemical Brothers、Daft Punkなどのミュージックビデオや、GAP、ナイキ、コカ・コーラなどのCMを手掛ける一方、監督・脚本として参加した『エターナル・サンシャイン』ではアカデミー賞を獲得し、独創的な映像センスで高い評価を得ている。

今回公開される『グリーン・ホーネット』は、アメリカのテレビドラマやコミックスで知られる同名シリーズを映画化したもの。父の死をきっかけに正義に目覚めたブリット・リード(セス・ローゲン)が、父の運転手・カトー(ジェイ・チョウ)とともに、グリーンのスーツとマスクに身を包み、「グリーン・ホーネット(緑の蜂)」となって活躍するアクションストーリーで、60年代にアメリカで放送されたテレビシリーズでは、東洋人のカトー役をブルース・リーが演じたことでも知られている。

このほか、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツらも出演するゴンドリー初のハリウッド・アクション大作『グリーン・ホーネット』は、1月22日(土)から、丸の内ピカデリーほかで全国公開。公開直前には、ゴンドリーをはじめ、セス・ローゲン、ジェイ・チョウらが来日するプロモーションイベントも予定されている。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
グリーン・ホーネット・オフィシャルサイト

【関連記事】
園子温監督作品、渋谷で一挙上映
日本未公開ドキュメンタリーを集めた映画祭
Bjork、ストーンズ映像監督新作「日本では流さん」

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ