アートとデザイン

文化庁メディア芸術祭受賞作品展始まる

本日2月2日より、東京・六本木の国立新美術館で、第14回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が開かれる。

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、1997年にスタートした祭典。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に対して文化庁メディア芸術祭賞が贈られる。今年度は、世界49の国・地域から計2645点の作品の応募があり、各部門の大賞にはそれぞれ

・アート部門 『Cycloïd-E』 作者:Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD (Cod.Act)
・エンターテインメント部門 『IS Parade』 作者:林 智彦/千房 けん輔/小山 智彦
・アニメーション部門 『四畳半神話大系』 作者:湯浅 政明
・マンガ部門 『ヒストリエ』 作者:岩明 均

が選出された。

同展では、大賞受賞作品はもちろんのこと、171点の優秀作品を展示・上映。さらに会期中には、各部門の大賞受賞者が登壇するシンポジウムが開催され、6日には、功労賞を受賞した栗原良幸(マンガ編集者)と永井 豪、かわぐちかいじによるシンポジウムも予定されている。

文化庁メディア芸術祭受賞作品展は、2月2日(水)~2月13日(日)まで、国立新美術館(港区六本木7-22-2)にて開催。開場時間は10:00~18:00(金は20:00まで)、2月8日(火)は休館、入場は無料となっている。


※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
メディア芸術祭
国立新美術館
文化庁メディア芸術プラザ(MAP) ブログ

【関連記事】
20世紀を代表するポスターを一挙展示
生誕100周年・岡本太郎の企画展
映像の力を取り戻す「恵比寿映像祭」

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ