アートとデザイン

写真家エイドリアン・ゴートの日本初個展開催中

ニューヨークを拠点に活動する写真家・エイドリアン・ゴート(Adrian Gaut)の日本初個展『Photographs YAKU-SHIMA×BUILDINGS』が、東京・神宮前の「Raum 1F」で開催されている。

エイドリアン・ゴートは1981年生まれの写真家。建築、インテリア、静物、ポートレート、広告など幅広いジャンルを手掛けるゴートは、対象への圧倒的な肉薄が特徴的であり、ファッション誌「V magazine」や「VOGUE」、「GQ」、建築誌「PIN-UP」などを中心に、世界中で活躍している。

同展は、ブックディレクターであり、選書集団「BACH」を主宰する幅允孝氏のプロデュースにより開催されるもの。「Photographs YAKU-SHIMA×BUILDINGS」というタイトルどおり、屋久島の自然と、グラフィカルに抽象化された建築写真のシリーズとの二つが対比軸として発表されている。

『Photographs YAKU-SHIMA×BUILDINGS』は、Raum 1F(渋谷区神宮前5-39-12 1F)にて、3月10日(木)まで開催。開場時間は12:00~20:00、休館日は土曜および日曜日。


※画像 ©Adrian Gaut

【関連リンク】
Adrian Gaut Photo Exhibition "Photographs YAKU-SHIMA×BUILDINGS"
Adrian Gaut
BACH

【関連記事】
荒木経惟が60年代に撮った未発表作品展
小谷元彦が「幽体」を視覚化した展覧会
蜷川実花が描く「極彩色の闇」の写真展

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ