アートとデザイン

複合アートビルの5フロアの作品をシャッフル

4月2日(土)より、東京・白金の「白金アートコンプレックス(SAC)」にて、全館合同展覧会『Shuffle | シャッフル』が開催される。

SACは、2009年4月にオープンした複合アートビル。以前から児玉画廊、山本現代がスペースを設けていたビルに、NANZUKA UNDERGROUND、London Gallery、新素材研究所、榊田倫之建築設計事務所が入居し、SACとして新たにスタートを切った。

同展は、SAC2周年を記念し、現代美術から古美術にわたり多種多様な分野を扱う全5フロアが協力して行われる展覧会。美術史家の山下裕二氏をゲストキュレーターに迎え、「シャッフル」のタイトルどおり全館で作品を取り混ぜて展示され、最新の若手作家による作品から、古美術の大作までを一同に楽しめる展覧会となっている。

合同展覧会『シャッフル』は、白金アートコンプレックス(港区白金3-1-15都営三田線・東京メトロ南北線白金高輪駅徒歩8分)にて、4月2日(土)~4月30日(日)まで開催。開館時間は火~土の11:00~19:00。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
山本現代
ロンドンギャラリー
NANZUKA UNDERGROUND
Kodama Gallery
榊田倫之建築設計事務所

【関連記事】
社会に飛び込んだ若手アーティストが秋葉原に集う
MOTアニュアル 身近な素材を用いる若手作家が集結
高橋コレクション「リクエストトップ30」展

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ