オードリー若林「M-1出たのはお笑いをやめる為だった」
お笑いとバラエティ

オードリー若林「M-1出たのはお笑いをやめる為だった」

放送作家の鈴木おさむが、売れないお笑いコンビの日常を日記体で記した小説『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』が、この夏、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭と俳優・田中圭のダブル主演で舞台化される。『クイック・ジャパン』連載時から原作を読んでいたという若林は、舞台出演の話しが来た時、非常に驚いたそうだ。

「僕はもともとお芝居をやる人間じゃないし、芝居があんまり得意じゃないっていう気持ちもあったんで、とにかくビックリして。理由が知りたいなと思って、(鈴木)おさむさんと一回お会いさせていただいて、『芝居もヘタだし経験もないのに、なんで僕なんですか?』って聞いたんです。そうしたら、(中略)『吉本の芸人さんじゃない人で、イエローハーツみたいに売れてない時期が長くって、その怨念みたいなのが出ちゃってる人ってなると、若林君かな』って」

そんな『芸人交換日記』は、「夢を諦める力」VS「続ける力」がキーワードとなる小説。「こんなリアルな若手芸人モノを読んだことがなかった。ここで書かれてることは、芸人ならみんな経験していること」と同作を絶賛する若林だが、彼自身はすっかり夢を諦めていたという。

「月収2万が5年とか続いたら、しかも男の子で26歳でってなると、やっぱ自信が持ちにくいっていうか。未熟な自分と向き合う感じももう飽きちゃって、『夢を叶える』みたいな気持ちは一切なかったですよ。やめる理由が欲しかったんです。『10年やって、M-1準決勝までだったらやめられる』とかね。『面白いけど認められなかった』みたいな、自分の中でやめる理由が欲しかったっていうだけで、俺は続けてきたんです」

しかし、そのM-1(08年)で準優勝に輝き、その後のオードリーの活躍は誰もが知るところ。若林は、「コンビじゃなかったら無理だったでしょうね」と、改めて売れない時代を振り返っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.96(6月13日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.96
「号泣する!」と話題の小説、「芸人交換日記」が舞台化決定!!-クイック・ジャパン編集部ブログ
芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~-太田出版

【関連記事】
オードリー若林「春日が映ると慌ててTV消す」
オードリー春日「今のスタイルは楽屋のノリでできた」
鈴木おさむ「震災後の楽屋で大爆笑とるさんまは超人」

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ