10年8億でレンタル中のパンダ 子パンダ生んでも所有権は中国
ケトル

10年8億でレンタル中のパンダ 子パンダ生んでも所有権は中国

Amazonより
『ケトル VOL.01』 デーブ・スペクター、中川翔子、安めぐみ、小島よしお、山下敦弘、東川篤哉、河尻亨一、津…ほか

4月1日から上野動物園のパンダ「リーリー」と「シンシン」の公開が始まり、パンダの檻の前には、多い日には2時間待ちの列ができている。雑誌『ケトル』は、上野動物園で3年ぶりとなるパンダ公開を祝し、創刊号特集のテーマとして「パンダ」をピックアップ。こちらはパンダにまつわるお金のお話しだ。

 * * *
ワシントン条約で保護されている絶滅危惧種のパンダは、売買が禁止されているが、繁殖の研究目的で貸与するのはOK。その場合は、中国野生動物保護協会にお金を払うことになっている。

リーリーとシンシンの場合、「野生動物保護事業への支援」という名目のレンタル料は、2頭で95万ドル(≒7790万円)。賃貸契約期間は10年間なので、借主である東京都は合計およそ8億円を支払う計算となる(1ドル=82円換算)。このほか、中国から招くパンダの専門家の渡航&滞在費用を支払うこともあるそうだ。

もっとも、上野動物園を例にとると、1972年にやってきた「ランラン」「カンカン」をはじめ、「フェイフェイ」「ホァンホァン」などはすべて中国から無償で送られたパンダであり、有償で借り受けたパンダは、実は今回の「リーリー」と「シンシン」が初めて。

ただし、高額レンタル中の2匹が子を儲けても、中国以外の国で生まれた子パンダの所有権はすべて中国にあり、外国産パンダが繁殖可能な年齢に近づくと、中国へ戻ることになっている。

◆ケトル VOL.01(6月14日発売/太田出版)

【関連リンク】
ケトル VOL.01
上野動物園公式サイト

【関連記事】
『謎解きはディナーのあとで』の作者「年内に続編出す」
日本一「最高の本屋」と「最低の本屋」を訪ねてみた
麻生久美子「これからワンピースを読む人が羨ましい」

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ