荒木経惟「楽園」2011年  RCダイレクト・プリント、100 x 118.3 cm
荒木経惟「楽園」2011年  RCダイレクト・プリント、100 x 118.3 cm
アートとデザイン

愛猫の喪失と病を経た荒木経惟 写真展『彼岸』を開催

今日7月22日(金)より、東京・南青山のラットホールギャラリーにて、写真家・荒木経惟の展覧会『彼岸』が開催される。

同展は、昨年以降に撮影された荒木の新作を展示する展覧会。荒木が前立腺癌の治療を受けながら、昨夏の東京をタクシーの窓越しに撮影した作品400点、震災後に撮影された作品40点、花を怪獣のフィギュアとともに撮影した作品「楽園」など、計約450点が展示される。

荒木は3月11日以降、「現世そのものが彼岸。つまり、写真のすべてが彼岸なんだ」としきりに口にしており、震災後の作品は大地震以降の自らの写真のあり方を示すものに。また、同展で展示されている作品はすべて荒木が長年連れ添った愛猫・チロの死後に撮影されたものであり、そういった想いが『彼岸』というタイトルに込められている。

荒木経惟展『彼岸』は、ラットホールギャラリー(港区南青山5-5-3 B1)にて7月22日(金)~9月25日(日)まで開催。開廊時間は12:00~20:00、休館日は月曜。なお、同展の開催に合わせ、写真集『彼岸』がラットホールギャラリーより刊行される。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
RAT HOLE GALLERY
荒木経惟オフィシャルサイト

【関連記事】
日中写真家ユニット・榮榮&映里『三生万物』展 銀座にて開催
写真家・川島小鳥 ももクロの「茶畑のシンデレラ」を撮り下ろし
世界中の著名写真家が被災地の現状を電子版写真集で世界に発信

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ