世界の現代美術が横浜に『ヨコハマトリエンナーレ』6日開幕
アートとデザイン

世界の現代美術が横浜に『ヨコハマトリエンナーレ』6日開幕

8月6日(土)から、横浜・みなとみらいを舞台にした現代アートの国際展『ヨコハマトリエンナーレ2011』が開催される。

ヨコハマトリエンナーレは、日本における現代アートの国際展の草分けとして2001年に始まった、3年に1度開催されるアートフェスティバル(トリエンナーレ=イタリア語で「3年に一度」の意)。メイン会場となる横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)でのアート作品の展示に加え、会期中には、アートパレード、講演、音楽演奏、パフォーマンスイベント、演劇、イルミネーションなどが周辺地域で行われる。

10年目の節目となる今回は、「OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?-」をテーマに、世界や日常の不思議、魔法のような力、さらには超自然現象や神話、伝説、アニミズムなどに言及した作品に注目。マックス・エルンスト、マン・レイ、ルネ・マグリット、イェッペ・ハイン、イサム・ノグチ、オノ・ヨーコ、横尾忠則ら、国内外で活躍する現代美術家の作品や、横浜美術館の所蔵品が展示される。

『ヨコハマトリエンナーレ2011』は、横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)
その他周辺地域にて、8月6日(土)~11月6日(日)まで開催。休場日は8月、9月の毎週木曜日と10月13日(木)、10月27日(木)。開館時間は11:00~18:00。メイン会場以外でも様々なイベントや連携プログラムが予定されているので、詳細については下記公式サイトをご参照いただきたい。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
ヨコハマトリエンナーレ2011 "OUR MAGIC HOUR"

【関連記事】
彫刻家・名和晃平展 東京都現代美術館にてまもなく開催
ホキ美術館 企画展第2弾のテーマは静物と風景画
クリエイター100人の作品を展示『iPhoneケース展』

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ