911を眼前で見た写真家が世界中の「傷ついた街」を撮影
アートとデザイン

911を眼前で見た写真家が世界中の「傷ついた街」を撮影

8月12日(金)より、東京・竹橋の東京国立近代美術館にて、アメリカ人カメラマン・レオ・ルビンファインの展覧会『レオ・ルビンファイン 傷ついた街』が開催される。

レオ・ルビンファイン(Leo Rubinfien 1953~)は、アメリカ・シカゴ生まれのカメラマン。1970年代末に写真家として活動を開始した彼は、当時「ニュー・カラー」と呼ばれた、カラー写真による新しい表現の潮流の若き旗手として注目を集め、以後、多くの作品を発表するかたわら、写真・美術を中心とした評論・執筆活動を行ってきた。

同展は、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を、世界貿易センタービルからわずか2ブロックしか離れていない新居で体験したルビンファインが、世界各地の「傷ついた街」を撮影した写真展。ニューヨークをはじめ、ロンドン、マドリッド、モスクワ、イスタンブール、東京など、近年テロ事件の起きた世界各地の都市をストリートスナップの手法で撮影した、未発表の作品を含む35点が展示される。

『レオ・ルビンファイン 傷ついた街』は、東京国立近代美術館 ギャラリー4にて、8月12日(金)~10月23日(日)まで開催。休館日は月曜(9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)。9月10日(土)の14時からは、レオ・ルビンファイン本人による講演会も予定されている。講演会は聴講無料、申込不要、先着140名。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
レオ・ルビンファイン 傷ついた街

【関連記事】
愛猫の喪失と病を経た荒木経惟 写真展『彼岸』を開催
被写体としての「こども」に迫る展覧会
日中写真家ユニット・榮榮&映里『三生万物』展 銀座にて開催

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ