向井理がピックアップした「好きな日本映画」3作とは?
映画・演劇・ドラマ

向井理がピックアップした「好きな日本映画」3作とは?

昨年、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で漫画家・水木しげる役を演じ、一躍国民的な人気俳優となった向井理主演の映画『僕たちは世界を変えることができない。』が9月に公開される。CMにドラマにと活躍を続ける彼だが、意外なことに映画の主演は今作が初。そんな彼が、日本映画を特集した『ケトルvol.02』で、好きな日本映画3本を挙げている。

「好きな映画のジャンルはサスペンス」と語る彼が、最初に挙げた映画は『ぼくらの七日間戦争』(88年)。実はこの映画、本誌が20~30代の男女を対象に「もう一度観たい映画」の聞き込みを行ったところ、かなり上位にランクインした作品だったのだが・・・?

「僕もまさにそうです。原作の宗田理さん、自分の名前と字まで一緒なので親近感があり、"ぼくらの"シリーズは小説も持っていました。大人に反発するにはまだ早かったと思いますが、基地が欲しいとか、みんなで何かを作りたいとか、男の子が好きなものが凝縮されてるんですよね」

そしてこの他には、田辺聖子原作・池脇千鶴主演の『ジョゼと虎と魚たち』(03年)と、小津安二郎監督の名作『東京物語』(53年)をピックアップした向井。渋い小津映画を選んだことからも分かるように、「派手な動きがあるものよりは"リアリティ"がある映画が好き」だそうで、実話をもとにした最新作『僕たちは・・・』も、ドキュメンタリーとフィクションの中間のような作品に仕上がっている。

◆ケトル VOL.02(8月12日発売)

【関連リンク】
ケトル VOL.02
映画 僕たちは世界を変えることができない。

【関連記事】
ウルトラマンシリーズの名監督・実相寺昭雄の生涯をたどる展覧会
高良健吾「自分の知名度低い」と感じて朝ドラ出演を決意
麻生久美子「これからワンピースを読む人が羨ましい」

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ