(c) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会
(c) 真鍋昌平・講談社/2011「スマグラー おまえの未来を運べ」製作委員会
映画・演劇・ドラマ

妻夫木聡 役作りのためにとにかく不摂生な生活送る

妻夫木聡の主演映画『スマグラー/お前の未来を運べ』が10月22日から全国公開される。

役者志望のフリーター砧涼介は、役者への道に挫折しパチスロ店でつまらない儲け話に乗って失敗し、多額の借金を背負う。借金を返済するため、裏社会の便利屋の紹介で秘密の荷物を運ぶ運送屋=スマグラーの仕事をすることになるが・・・・・・。

原作は真鍋昌平のコミック「スマグラー」という本作。監督は、『茶の味』でカンヌ国際映画祭監督週間のオープニングを飾り、『キル・ビルvol.1』でアニメパートを担当するなど、活躍を続ける映像クリエイター、石井克人。主演の砧涼介役には妻夫木聡、チャイニーズマフィアの背骨役には中国語を喋れる安藤政信が抜擢され、華麗なアクションシーンを披露する。便利屋の社長・山岡役は原作では男性だが、映画では女性の設定に変更され、松雪泰子が演じている。

役作りについて妻夫木は、寝ずにだらだら過ごして、食事のバランスを崩したりと、とにかく不摂生をしていたという。安藤は格闘シーンの撮影中、実は肋骨が折れていたが、相手役が遠慮して萎縮してしまうことを懸念して撮影を続けるという役者魂を見せた。

『スマグラー/お前の未来を運べ』は10月22日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー。

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ