はやぶさ帰還映画で主役を演じる渡辺謙が憧れていた意外な職業とは?
ケトル

はやぶさ帰還映画で主役を演じる渡辺謙が憧れていた意外な職業とは?

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還するまでを描いた映画『はやぶさ 遥かなる帰還』が、来年2月に公開される。12月15日発売の雑誌『ケトル』は、プロジェクトリーダーでJAXA宇宙科学研究所教授役を演じる俳優の渡辺謙にインタビューを敢行。実在の人物をモデルにした主人公・山口駿一郎は、どんな人物なのだろうか?

「いうなれば永遠の科学少年。ミッションを仕事として捉えていなくて、常にワクワクしてる。だけど準備段階から20年以上もプロジェクトが続いていたわけだから、よほど精神力が強くないと無理ですよ」

「僕らの仕事なんて撮影してても3カ月位で終わっちゃいますからね」と語る渡辺。そういう意味で、今回彼が演じた山口は、「ある種自分から一番かけ離れた存在」だったそうだ。

そして、「ここ数年、仕事って一体、何なんだろう?」と考え続けているという渡辺。そこで彼に、「もし転職するとしたら、どんな仕事をしたいですか?」と尋ねると、渡辺はしばし笑ったのち、「僕は昔、スポーツライターになりたかったんですよ」と答え、

「スポーツって、短い時間の中に人間ドラマが凝縮されているじゃないですか。試合に至るまでのトレーニングや葛藤、選手が何を考えてどんな努力をしているか、そんな目に見えないところを切り取れるっていいですよね」

と、その理由を語った。

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』は、2012年2月11日(土)より全国ロードショー。

◆ケトル VOL.04(12月15日発売/太田出版)

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ