文化庁お墨付きの優秀アニメ・漫画作品を展示する展覧会
アートとデザイン

文化庁お墨付きの優秀アニメ・漫画作品を展示する展覧会

2月22日(水)より、東京・六本木の国立新美術館にて、『第15回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』が開催される。

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、1997年からスタートしたイベント。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を顕彰するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を毎年2月に開催している。

今回は、アート部門の大賞を『Que voz feio(醜い声)』(山本良浩)、アニメーション部門の大賞を『魔法少女まどか☆マギカ』(作者:新房昭之)、マンガ部門の大賞を『土星マンション』(岩岡ヒサエ)が獲得。会場では優秀作品の展示が行われるほか、会期中には各賞の受賞発表、贈呈式も実施される。

『第15回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、国立新美術館1階 企画展示室1E(港区六本木7-22-2)にて、2月22日(水)~3月4日(日)まで開催。開館時間は10:00~18:00、(金曜は~20:00)、2月28日(火)は 休館。観覧料は無料となっている。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ