AKB声優オーディション 台詞を一瞬で露語に翻訳するメンバーもいた
ゲーム・アニメ・コミック

AKB声優オーディション 台詞を一瞬で露語に翻訳するメンバーもいた

4月より放送が始まるAKB48を題材としたアニメ『AKB0048』は、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の中からオーディションで選抜されたメンバーが声優を担当する。2月14日発売の『クイック・ジャパン』vol.100では、原作・総監督の河森正治、シリーズ構成・脚本の岡田麿里、監督の平池芳正、プロデューサーの金子文雄の4人が対談。彼らはオーディションの様子をこう振り返る。

河森 「正直、9人もメンバーから選べるかどうかは一次オーディションまでヒヤヒヤだったよね。声の演技って本当に難しいので」
岡田 「そうですね。それに『声優をメンバーから選ぶ』っていうことだけで作品が色物っぽく見られてしまって、ガチ感が減るんじゃないかって不安もあったんです」

しかし、最初にSKEからテープが届き、予想以上の良さに驚いたという彼ら。声優志望を公言していた仲谷明香(AKB48チームA)や佐藤亜美菜(AKB48チームB)、さらにSKEのアニメ好きメンバーにより結成された"二次元同好会"の子たちが上手いのは予想通りだったが、中には審査員を驚かせた子もいたようだ。

岡田 「例えば、石田晴香(AKB48チームB)の演技を聞いた時の衝撃は大きかったですよね。彼女はちょうど一次オーディションの結果発表前に『声優になりたい』って劇場公演で言ったんですよね。演技に意思を感じていたので、ああ、やっぱりと思った」
河森 「村重杏奈(HKT48一期生)は、あの一瞬で台詞をロシア語に翻訳して喋ったんだよね(笑)。(中略)もちろんまだ13歳だし、めちゃめちゃ上手いみたいなことはないけれども、これは伸びるなっていう感触があった」

当初は岡田以外、AKBにはあまり詳しくなかったものの、今では全員がどっぷりAKBにハマっているとか。平池は、「AKBのファンにも楽しんでほしいし、アニメファンにも楽しんでほしい」と、抱負を語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.100(2月14日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ