表参道と明治通りの交差点に新商業施設『東急プラザ 表参道原宿』が誕生
アートとデザイン

表参道と明治通りの交差点に新商業施設『東急プラザ 表参道原宿』が誕生

4月18日(水)、東京・表参道の神宮前交差点に、複合商業施設『東急プラザ 表参道原宿』がオープンする。

『東急プラザ 表参道原宿』は、文化人が多く住んだことで知られる「原宿セントラルアパート」、GAPの旗艦店が入居していた「ティーズ原宿」の跡地に新たに誕生する商業施設。表参道ヒルズや海外高級ブランドが立ち並ぶ表参道と、竹下通り、裏原宿などの中心に位置するこの施設は、建築家の中村拓志氏が設計・デザインを担当し、緑や自然光を生かした地下2階~地上7階の施設内には、計27店舗が入居している。

館内には、日本初上陸となる『アメリカンイーグル アウトフィッターズ』や、世界最大級のグローバル旗艦店としてアジア初上陸となる『トミー ヒルフィガー』、バロックジャパンリミテッドの旗艦店『The SHEL'TTER TOKYO』などがオープン。さらに、3階には、ファッション、カルチャー、ムーブメントを発信する「OMOHARA STATION」、屋上にはケヤキなどが配置された「おもはらの森」なども設置され、ファッション、雑貨、飲食店などを含む、複合商業施設となっている。

『東急プラザ 表参道原宿』(渋谷区神宮前4-30-3)は、4月18日(水)にオープン。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ