漢字が動物に変身 バンダイの食玩「もじバケる」がMoMA永久収蔵品に
アートとデザイン

漢字が動物に変身 バンダイの食玩「もじバケる」がMoMA永久収蔵品に

6月21日(木)より、東京・表参道の「MoMA DESIGN STORE」にて、バンダイの食玩「超変換!!もじバケる」シリーズが、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品として認定されたことを記念する「もじバケる」展が開催される。

「超変換!!もじバケる」シリーズは、バンダイが2010年5月から発売している、"一文字の漢字"を組み替えて、その漢字を立体的な動物に"超変換"することができる玩具菓子。「猫」「蠍」「犀」「鯱」「隼」「豹」「鹿」「狼」「犬」など、その種類はこれまでに全5弾・全120種+レアカラー6種におよび、今年4月末までの累計販売数は、650万個を突破している。

同展は、「超変換!!もじバケる」シリーズが、昨年7月~11月にニューヨーク近代美術館(MoMA)にて行われた企画展「Talk to Me」展での展示後、同館の永久収蔵品(MoMA Collection)として認定されたことを記念して開催されるもの。これまでに発売された第1弾~第5弾までの商品が展示・販売される(一部は展示のみ。売切れ次第終了)。

「もじバケる」展は、2012年6月21日(木)~7月11日(水)まで、MoMA DESIGN STORE(渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F)にて開催。期間中無休。開場時間は11:00~20:00。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ