エヴァンゲリオンシリーズの庵野秀明が「特撮博物館」の館長に
ゲーム・アニメ・コミック

エヴァンゲリオンシリーズの庵野秀明が「特撮博物館」の館長に

7月10日(火)より、東京・木場の東京都現代美術館にて、「エヴァンゲリオン」シリーズの監督・庵野秀明が"館長"になった特撮がテーマの展覧会『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』が開催される。

円谷英二が始めた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に怪獣やヒーローが活躍し、見る者をワクワクさせてきた。しかし現在、特撮は、デジタル技術の発展と共に形を変え、貴重な財産であるミニチュアや小道具などは、破棄され、散逸し、失われつつある。

同展は、「特撮のこうした状況を危惧した庵野が館長となって『博物館』を立ち上げた」というコンセプトの展覧会。特撮を創作活動の原点とする庵野館長のもと、会場では、数々の映画やTVで活躍したミニチュアやデザイン画などさまざまな資料約500点が展示され、企画・庵野秀明、巨神兵・宮崎駿、監督・樋口真嗣という豪華スタッフによるスタジオジブリ最新短編映画『巨神兵東京に現る』も上映される。

『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』は、2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)まで、東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 東京メトロ「清澄白河駅」徒歩9分)にて開催。開催時間は10:00~18:00、休館日は月曜日(ただし、7月16日、8月13日・20日、9月17日・24日、10月1日・8日は開館。7月17日、9月18日は休館)。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ