DASオープニングセレモニー登場の藤原竜也 最新作では「何度も監督をひっぱたこうとした」
映画・演劇・ドラマ

DASオープニングセレモニー登場の藤原竜也 最新作では「何度も監督をひっぱたこうとした」

東京・代官山の街を舞台にしたアートイベント『代官山アートストリート』(DAS)のオープニングセレモニーが8月20日、ヒルサイドプラザホールで開催された。

セレモニーでは現代美術ギャラリー・小山登美夫ギャラリーの小山登美夫や、代官山蔦屋書店館長の鎌田崇裕、明和電機代表取締役社長の土佐信道ら総勢8名によるテープカット、オブジェのアンベールも行われた。

また、DAS招待作品である映画『I'M FLASH!』の試写会も開催され、監督の豊田利晃と主演の藤原竜也も登場。2週間強、沖縄で休みなしに行われたという過酷な撮影について、藤原は「何度も沖縄を逃げ出そうとしたり、何度も監督をひっぱたこうとしたりしながらつくった作品です」と笑い交じりに振り返った。

同イベントは8月20日~26日まで。期間中「ヒルサイドテラス・代官山」「蔦屋書店」など、旧山手通り周辺の施設を舞台に様々なジャンルのアーティストが展示、ライブ、トークセッションなどを行う。開催時間は9:30~21:00、入場料は無料(一部プログラムは有料)。
(文中敬称略)

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ