横浜湾岸地区でアートとイルミネーションが融合した夜景イベント開催
アートとデザイン

横浜湾岸地区でアートとイルミネーションが融合した夜景イベント開催

10月31日(水)より、横浜の象の鼻パーク、日本大通り、山下公園周辺にて、夜景イベント『スマートイルミネーション横浜2012』が開催される。

スマートイルミネーション横浜は、東日本大震災以降注目が集まっている省エネルギー技術を活用し、新たな夜景の開発を試みるアートイベント。 「省エネ技術とアートでつくる、もうひとつの横浜夜景」をテーマに、LED照明をはじめとする最先端の環境技術とアートの創造性を組み合わせることで、横浜の街中に幻想的な夜景が生み出される。

今年度は、象の鼻パーク、山下公園、日本大通りなどを中心としつつ、みなとみらい地区、関内地区、横浜駅東口および西口、元町商店街など、昨年より広い範囲が会場に。象の鼻パークの広場に100体のバルーミネーションを配置し、バルーンを揺らしたり倒したりすることで色の変化を楽しめる『balloomination(バルーミネーション)』や、ミラーボールを用いた空間演出を行うアーティスト集団・MIRRORBOWLERによる、自転車発電を使ったインスタレーション『0(zero)-自転車で光る大きな卵』、ペンライトを使って夜空に思い思いの絵を描く『よぞらにおえかき』など、多彩なイベントが予定されている。

『スマートイルミネーション横浜2012』は、2012年10月31日(水)~11月4日(日)まで、象の鼻パーク、日本大通り、山下公園ほかにて開催(雨天決行)。開催時間は17:00~24:00(初日は18:00~)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ