松本人志が“どうしてもオチない時”に用意しているネタとは?
お笑いとバラエティ

松本人志が“どうしてもオチない時”に用意しているネタとは?

Amazonより
『クイック・ジャパン vol.104』 Revo、ダウンタウン、佐々木彩夏、松本人志、浜田雅功、綾野剛

今年結成30周年を迎えたダウンタウンと、公私にわたって“半径5メートル以内”にいるのが、自らもお笑い芸人であり、『ダウンタウンDX(以下『DX』)』(読売テレビ)では構成作家としても参加している木村祐一。『DX』の企画は、浜田と松本の“喜ぶツボ”を考えながら作られているのだろうか? 10月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.104で、木村はこう語っている。

「2人のツボは全然違いますから。まず浜田さんは『痛い、辛い』が大好物でしょ。一方で松本さんはアホみたいなのが好き。『なんでそんなことになんねん』『仕組みがちょっとクサい』とか。こっちが『ダウンタウンはこんなん好きや』じゃなくても、あの2人ですから悪ノリでルール変えたりして、それがまたオモロなるんですよ」

時には浜田に企画が却下されることもあるものの、「2人は基本的にはすごく大人だから、制作サイドの苦労もよく分かってる」と語る木村。「トークでもコーナーでもオチを作って、さらにCMのタイミングでも必ず絶対オモロいこと言いはる」「僕は長い間可愛がってもうて、会議にもいて、収録にもいて、O.A.も見て……ハァ、なんでそんなオモロいねん」とダウンタウンを手放しで絶賛する木村によれば、「松本さんはお笑い論を絶対に語らない」そうだが、かつて松本のこんなセリフを耳にしたことがあるそうだ。

「現場でもし最悪どうやってもオチん、何言うたらいいか分からんっていう時は、なんか1つ、全然関係ないことでいいから持っておくようにしている」(松本)

ただ実際には、「困ったことにならへんから使ってない」ことになるそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.104(10月12日発売/太田出版)

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ