綾野剛「結婚願望は全くない。周りがしても何の刺激も影響も受けない」
映画・演劇・ドラマ

綾野剛「結婚願望は全くない。周りがしても何の刺激も影響も受けない」

NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』の“周防さん”役で、アンテナ感度の高いカルチャー女子から妙齢の腐女子までを虜にした綾野剛は、今もっとも多忙な若手俳優の1人。『カーネーション』という作品で認知度が上がったことにより、何か変化はあったのだろうか? 10月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.104で綾野はこう語っている。

「『カーネーション』のきっかけで広く認知されて、撮影していた映画の公開のタイミングが続いたこともあり、僕自身は何も変わってないですね。実働も、一昨年くらいからそれほど変わってません。急に忙しくなった、ということもないですし。認知されたことで、仕事が広がったとは思います。それは『カーネーション』という作品と、演じた役が良かったおかげです」

「そこにはもう、感謝しかないですね」と、“当たり役”に素直に感謝する綾野。知名度が上がれば、窮屈さや「人の目が気になるなら恋愛がしにくい」など、何かとデメリットが生まれそうなものだが、そういったことは感じないのだろうか?

「全然。芝居しているときしか生きている実感がないので、仕事が広がって、いろいろな作品で役を生きる機会が増えていくことはつまり、生きている実感をより感じられるということ。だから、デメリットなんてまったくないです」

そして恋愛に関しても、「2人で始まって、2人で終わるものが恋愛ですから、周りのせいにするくらいなら、恋愛なんてしないほうがいい」と語る綾野。ちなみに彼は今年30歳だが、結婚願望は全然なく、「周りが結婚しようが、何の刺激も影響も受けません」と語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.104(10月12日発売/太田出版)

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ