テレビで引っ張りだこの今田耕司が今でもルミネの舞台に立つ理由とは?
お笑いとバラエティ

テレビで引っ張りだこの今田耕司が今でもルミネの舞台に立つ理由とは?

Amazonより
『クイック・ジャパン vol.105』 ももいろクローバーZ、ゴールデンボンバー、星野源、有安杏果、松坂桃李、私立恵比寿中学

バラエティ番組でこの人を見ない日はない今田耕司と、“もっともチケットが取れない落語家”の立川談春という2人が、この冬、舞台でがっぷり4つの共演をすることになった。同じ1966年に生まれ、異なるお笑いのフィールドに身を置く2人が現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.105で対談。テレビとは異なる舞台の怖さについて、今田はこう語っている。

「僕はテレビとは違う緊張感が味わいたくて、(鈴木)おさむ君と舞台をやり始めた部分があるんです。実際、慣れた仲間とでも初舞台は怖いのに、それが今回談春さんじゃないですか。極限じゃないか、というぐらいに怖くなるでしょうね」

これに対し、ミュージカルのオーディションを受けろと師匠に命じられ、さらに合格して舞台にまで上がった経験を面白おかしく語る談春。他のジャンルの仕事をやることについて、今田はこう感じているそうだ。

「僕も若い時、『なんでドラマや歌をやらなあかんねん』と思ってましたもん。やっぱり松本(人志)さんのお笑い論で育ちましたから、それがカッコいいと思っていて。でも今考えたらもったいない。もっと一生懸命やったら、別のことにつながったのになと思うんですよ」

「しまったと思って、今、取り返してるところですね」と語る今田。彼は、今でもルミネの舞台に出続けているが、そのことについて尋ねると、「嬉しいじゃないですか、テレビに出てる人が劇場に出てたら。単純にそれだけなんですよ」と返答。劇場にこだわる理由について、

「自分が芸人なりたての頃、さんまさんがお盆の時だけ劇場でコントのスペシャルショーやっていて、お客さんがパンパンでテンション上がりましたからね。一緒にするのはおこがましいですけど。昔はテレビ出るために劇場でウケなきゃ、だったのが、今は劇場で『おー、今田だ!』と言われるため、テレビ出てるような気もしますね」

と語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.105(12月12日発売/太田出版)

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ