現役大学生が作る映画祭で今年度アカデミー賞作品を特別上映
映画・演劇・ドラマ

現役大学生が作る映画祭で今年度アカデミー賞作品を特別上映

3月17日(日)、東京・お台場の「お台場シネマメディアージュ」にて、現役大学生が作る映画祭『TOHOシネマズ学生映画祭』が開催される。

TOHOシネマズ学生映画祭は、「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと、2007年にスタートした映画祭。作品の制作をはじめ、映画祭の企画・運営・宣伝、ポスターやロゴの制作などを全て学生が行っているのが特徴で、過去の受賞者の監督作品がカンヌ国際映画祭・短編コンペティション部門にノミネートされた実績もある。

第7回目となる本年度は、昨年に引き続き「つながる」をテーマに、「ショートフィルム部門」「ショートアニメーション部門」「再生可能エネルギー部門」「シネアド部門」の4部門のグランプリと準グランプリを選出。さらに特別上映として、本年度アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した『紙ひこうき』(原題:「paperman」)が上映される。

第7回TOHOシネマズ学生映画祭は、2013年3月17日(日)、お台場シネマメディアージュ(港区台場1-7-1アクアシティお台場1F)にて開催。13:30開場、14:00開始、19:30頃終了予定。入場無料。

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ