パチンコ王が美術館を箱根にオープン 日本・中国・朝鮮の名品を展示
アートとデザイン

パチンコ王が美術館を箱根にオープン 日本・中国・朝鮮の名品を展示

10月4日(金)、神奈川県箱根町の小涌谷に、実業家・岡田和生氏が収集した日本・中国・朝鮮の美術品を展示する「岡田美術館」がオープンする。

この美術館は、パチスロ機・パチンコ機・周辺機器の開発・製造・販売を行うユニバーサルエンターテインメント(旧社名・アルゼ)創業者の岡田和生氏が収集した、日本・東洋の美術品や考古遺品などの文化財を公開する施設。明治時代に存在した欧米人向けホテル「開化亭」の跡地に建設された同館は、全5階、延べ床面積が7700平方メートル、展示面積が5000平方メートルという贅沢な造りとなっており、1万5000平方メートルの庭園も併設されている。

10月4日からは、岡田美術館開館記念として『日本・東洋 美の遺産展』がスタート。日本の絵画や、中国・朝鮮・日本のやきものを中心とした様々なコレクションの中から、1階には陶磁・青銅器の名品や茶道具として名高い砧青磁の花瓶、2階には横山大観の大パノラマと日本陶磁の名品、3・4階には中世から近代にいたる名画、5階には仏教美術を中心とした工芸作品が展示される。

岡田美術館開館記念『日本・東洋 美の遺産展』は、2013年10月4日(金)~12月30日(月)まで、岡田美術館(神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1 伊豆箱根バス・箱根登山バス「小涌園」徒歩1分)にて開催。開館時間は9:00~17:00。休館日は12月31日と1月1日。入館料は2800円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ