ももクロ高城 国立ライブでは「歴史に残るようなことがしたい」
音楽と動画

ももクロ高城 国立ライブでは「歴史に残るようなことがしたい」

3月15日と16日、ももいろクローバーZが、取り壊しが決まっている国立競技場でライブを行う。西武ドームから横浜アリーナ、日産スタジアムを経て、これまで数組しかライブを行ったことがない「国立」に辿り着いた彼女たちだが、ライブ決定を知らされた時はどのように感じたのだろう? グループ最年長メンバーの高城れには、現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.112で、このように語っている。

「絶対にできないと思っていたから。紅白のときは着々と進んでいったから『ひょっとしたら今年はあるんじゃない?』みたいな予感があったし、ダメだったときも『来年こそ』になったけど、国立はもう取り壊しちゃうわけだから『もしかしたら』すらなかった。だから、西武ドームで最初に聞いたときは、もうなにがなんだかわからなくて」

昨年12月23日に行われた極寒の西武ドームのアンコールで国立ライブ決定が発表され、その直後に歌った『あの空へ向かって』では、涙で歌が歌えなくなるシーンもあった高城。彼女が歌に詰まると、しっかり他のメンバーがフォローし、それがまたモノノフの感動を呼んだが、高城は逆にモノノフたちへの感謝の言葉を述べている。

「なによりも『一緒に泣いてくれる人がいるって、すごいことだな』って思った。私たちは自分のことだけど、モノノフさんたちにとっては、ワンクッションあるわけじゃないですか? それなのに、私たちと同じような気持ちになってくれる。点と点がどんどんつながっていく感じだった」

また1つ夢を叶えた彼女たちだが、高城は国立ライブについて、「国立競技場でやりましたっていう歴史に残るだけでなく、もっとなんか歴史に残るようなことがしたい!」と、意欲を語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.112(2014年2月12日発売/太田出版)

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ