ボストン美術館と東京芸大美術館の収蔵品を紹介 「ダブル・インパクト」
アートとデザイン

ボストン美術館と東京芸大美術館の収蔵品を紹介 「ダブル・インパクト」

4月4日(土)より、東京・上野公園の東京藝術大学大学美術館にて、ボストン美術館と東京藝術大学のコレクションを紹介する展覧会『ダブル・インパクト 明治ニッポンの美』が開催される。

この展覧会は、日米の2つのコレクションを合わせた“ダブル・インパクト”により、「西洋人がいかにニッポンの文化に衝撃を受けたか」「日本人がいかに西洋から衝撃を受けたか」を再検討するもの。日本美術関連の品だけで10万点を超える作品を有するボストン美術館と、国内屈指の質量を誇る東京芸大の収蔵品を比較することで、「明治ニッポンの美」の歩みを紹介する。

展示は、黒船来航から文明開化を経て、近代国家成立までのおよそ半世紀を、絵画、工芸、写真などでたどるもの。教科書に載る有名作品から初蔵出し作品までおよそ150点により、美術立国ニッポンを振り返る展覧会となっている。

『ダブル・インパクト 明治ニッポンの美』は、2015年4月4日(土)~5月17日(日)まで、東京藝術大学大学美術館(台東区上野公園12-8 JR「上野駅」徒歩10分)にて開催。開館時間は10:00~17:00。休館日は月曜日(4月6日、5月4日は開館)。観覧料は当日一般1500円。なお同展は、名古屋ボストン美術館を巡回する(6月6日~8月30日)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ