ノンアルビールが職場を活性化? 弁護士事務所が試験的に導入
フード

ノンアルビールが職場を活性化? 弁護士事務所が試験的に導入

6月7日に東京・ソラマチにて行われる街コンイベント、「世界のビールで愛を叫ぶ 世界のビール博物館~東京スカイツリータウンソラマチ店~」やオクトーバー・フェストなど、気温の上昇とともにビールが主役のイベントが各地で開催されている。

ビールの香りの成分には、リラックス効果をもたらす「エステル」という成分が含まれており、社交の場にはうってつけのようだ。

事実、ビールを取り入れている職場も存在する。現在東京・港区にある弁護士事務所では、試験的に業務中のノンアルコールビールの導入を行っている。相談者によるシビアな問題を解決するため、客やほかの弁護士などと密なコミュニケーションを取らなければならないことから試験導入を決めたという。

同事務所の西浦善彦弁護士は、「打ち合わせの合間に飲むことで全員がリラックスでき、それまで以上に発言が飛び交って、いい発想が生まれた。事件や裁判などの前に飲むことで、気持ちを切り替えられる」と語る。また、同席した堀岡咲子弁護士は、「同僚の中に子どもを持つ人がいるので仕事終わりに飲み会を開くことがなかなかできないでいた。しかし、このオールフリーを仕事の合間に飲むことによって会話が弾んで親睦を深められた」と話す。

ノンアルコールで職場が活性化するのであれば、同事務所のように取り入れていく事例も増えていくかもしれない。

【「フード」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ