50トンの「砂のゴジラ」も出現 新宿クリエイターズ・フェスタ2015
アートとデザイン

50トンの「砂のゴジラ」も出現 新宿クリエイターズ・フェスタ2015

東京・新宿駅周辺を中心に、新宿区内の各所を会場とした巨大アートイベント『新宿クリエイターズ・フェスタ2015』が8月21日(金)より開催される。

このイベントは、新宿駅西口の高層ビル、新宿駅周辺の各施設、新宿中央公園、歌舞伎町、神楽坂ほか、新宿区の様々な場所を舞台に、幅広いジャンルのクリエイターたちが、独創的なアート作品を披露するもの。もともとは学生のアートイベントとして出発したクリエイターズ・フェスタが、学生から著名アーティストまで多くのクリエイターが参加する夏の一大アートイベントとして成長し、今年で5年目を迎えた。

今回は、世界各地の砂像イベントなどで人気の砂像彫刻家・保坂俊彦が、およそ50トンの砂を使い、新宿中央公園 水の広場で「砂のゴジラ像」を公開制作するほか、国際的なCGアーティスト・河口洋一郎、現代美術家の椿昇らが参加。

そのほか、子どもたちがアーティストと一緒にアートを体験できる「こどもアート」、被災地の子どもたちへ絵手紙を送る「被災地応援プロジェクト」、全国の学生や若手アーティストによる作品が競演する「新宿アート・コンペティション」など、新宿区中が多彩なジャンルのアート作品で溢れる17日間となる。

『新宿クリエイターズ・フェスタ2015』は、2015年8月21日(金)~9月6日(日)まで、新宿駅周辺各所、神楽坂、市ヶ谷、中井ほかにて開催。(文中敬称略)

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ