東京ミッドタウンで「Salone in Roppongi」 中村拓志さんのインスタレーション
アートとデザイン

東京ミッドタウンで「Salone in Roppongi」 中村拓志さんのインスタレーション

東京都港区の東京ミッドタウンのアトリウムで、建築家・中村拓志さんの体験型インスタレーション作品「Diving Bell(ダイビング・ベル)」を展示する「Salone in Roppongi(サローネ・イン・ロッポンギ)」が始まった。「東京ミッドタウン・デザインタッチ」の一環として10月25日まで開催される。

中村拓志さんは1974(昭和49)年生まれ。明治大学大学院博士前期課程を修了後、隈研吾建築都市設計事務所に入所し、2002年にNAP建築設計事務所を設立。これまでに、「東急プラザ表参道原宿」(2012年、渋谷区)、「狭山の森 礼拝堂」(2013年、埼玉県所沢市)、「Ribbon Chapel」(2013年、広島県尾道市)などを設計。「Ribbon Chapel」は今月、ヨーロッパ主要建築家フォーラムが世界の「次世代の基準となる」の建築デザインに与える「リーフ賞」で最高賞を受賞した。

インスタレーション作品「ダイビング・ベル」は、イタリアの高級時計メーカー「OFFICINE PANERAI(オフィチーネ・パネライ)」とのコラボレーションで制作。1人用のカプセルに入ると、カプセル内のスクリーンの色が変化して深海への旅を体験することができる。

「今回、作品を考えるうちに湧いてきたのが『無限の空間』を作りたいということだった。無限と有限のバランスは実に意味が深く、無限を知ることで有限の大切さを知ることができると思った。ダイビング・ベルに入った人それぞれのイマジネーションで無限の世界をぜひ感じてほしい」(中村さん)

開催時間は11時~21時。参加無料。

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ