小学生が書いた名画の“贋作”が会場にずらり 『大々贋作展』
アートとデザイン

小学生が書いた名画の“贋作”が会場にずらり 『大々贋作展』

10月30日(金)より、東京・渋谷の「パルコミュージアム」にて、親子アートユニット「アーブル美術館」の初の大型個展『大々贋作展』が開催される。

アーブル美術館は、

「私はルーブル美術館がすきだ!
いっそのこと、ルーブル美術館になりたい!
そんなわたしの夢をかなえるために、
8歳と7歳の子供が世界の名画を模写しています」(ブログ「アーブル美術館の、ひ・み・つ」より)

という小学生2人と母親からなる3人組のアート集団。アート鑑賞が趣味という母親の指導のもと、子供2人がフェルメールやダヴィンチ、ウォーホルからエリザベス・ペイトンといった古今東西の名画をユニークに“贋作”し、作品画像がテレビコマーシャルにも使われたこともある。

会場では、古今東西の名画の贋作およそ50点のほか、初公開となる新作も展示される予定。また会期中には、アーブル美術館の館長・藤原晶子さんによるギャラリートークが行われるほか、初の作品集『大贋作展』が先行発売される。

『大々贋作展』は、2015年10月30日(金)~11月16日(火)まで、パルコミュージアム(渋谷パルコ パート1 / 3F 渋谷区宇田川町15-1)にて開催。開場時間は10:00~21:00(初日と最終日は18:00まで)。入場料は一般500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ