大英博物館から里帰りした作品も 『初期浮世絵展 版の力・筆の力』
アートとデザイン

大英博物館から里帰りした作品も 『初期浮世絵展 版の力・筆の力』

1月9日(土)より、千葉県千葉市の「千葉市美術館」にて、浮世絵がどのように生まれ、いかにして人気を獲得したのかを探る展覧会『初期浮世絵展 −版の力・筆の力−』が開催される。

この展覧会は、浮世絵の始祖と呼ばれる菱川師宣(?~1694)から18世紀の錦絵の登場まで、浮世絵草創期の作品を紹介するもの。江戸の人々に広く愛された歌舞伎、華やかな衣装に身を包んだ美人、そして市井に暮らす人々の営みなどを描いて人気を得た浮世絵が、どのように生まれ、どのように発展し、現在に至るまで愛されているのかを探る。

会場には、大英博物館など海外の美術館からの里帰り作品を含めた版画・肉筆画の名品約200点が登場。近世初期風俗画から菱川師宣前後の浮世絵誕生の状況、鳥居清信や鳥居清倍ら、歌舞伎絵界に圧倒的な地位を築いた初期の鳥居派、高度な多色摺木版画技法、錦絵を大成させた鈴木春信など、初期浮世絵の魅力を堪能することができる。

『初期浮世絵展 −版の力・筆の力−』は、2016年1月9日(土)~2月28日(日)まで、千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8 京成「千葉中央駅」徒歩10分)にて開催。開館時間は10:00~18:00(金・土は20:00まで)。休館日は2月1日、2月15日。観覧料は一般1200円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ