ホテルの客室でアート作品を鑑賞 「ART in PARK HOTEL TOKYO」
アートとデザイン

ホテルの客室でアート作品を鑑賞 「ART in PARK HOTEL TOKYO」

3月12日(土)と13日(日)、東京・汐留の「パークホテル東京」にて、ホテル型アートフェア『ART in PARK HOTEL TOKYO 2016』が開催される。

このイベントは、ホテルの客室にアート作品を展示し、生活空間に近いシチュエーションでアート作品を身近に感じながら、気に入った作品はその場で購入することもできるというもの。初めての開催となる今回は、「日本の現代美術のこれまで・これから」というテーマのもと、39のギャラリーが出展する。

会場には、「具体美術協会」の元永定正、「ハイレッドセンター」の中西夏之ほか、戦後現代美術を代表する芸術家をはじめ、実力派の中堅、未来を担う若手の作品が登場。欧米のマーケットでも評価が高まる日本の現代美術を、美術館とはひと味違った感覚で味わうことができるイベントとなっている。

『ART in PARK HOTEL TOKYO 2016』は、2016年3月12日(土)と3月13日(日)、パークホテル東京(港区東新橋1-7-1  汐留メディアタワー)の26階・27階にて開催。開催時間は12:00~19:00。入場料は1500円(チケットは当日、ホテル25階のフェア受付にて販売)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ