島々を巡ってアートや食、地元の文化を堪能 『瀬戸内国際芸術祭2016』
アートとデザイン

島々を巡ってアートや食、地元の文化を堪能 『瀬戸内国際芸術祭2016』

瀬戸内海に浮かぶ島々およびその周辺を舞台にしたアートフェスティバル『瀬戸内国際芸術祭2016』が、3月20日(日)よりスタートする。

このイベントは、人口が減少し、なおかつ高齢化も進む瀬戸内海の島々に活力を取り戻すべく、2010年から3年に1度開催されているもの。「あるものを活かし新しい価値を生みだす」という方針のもと、現代アートの作家や建築家が、島に暮らす人々と協働して新たな作品を生み出すこのイベントは、地域再生の取り組みとして高い評価を受けており、2015年には「ジャパン・ツーリズム・アワード」の大賞も受賞した。

3回目の開催となる今回は、春・夏・秋の3シーズン(合計108日間)に会期に分け、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島ほか合計12島・14会場を舞台に、多様なプロジェクトが展開される。各会場では、気鋭の芸術家のアート作品の公開、地元の生活・歴史・文化の発信、地元の豊かな食材を使った「食」の紹介など、バラエティに富んだイベントを予定。自然に富んだ美しい島々を巡りながら、アート・文化・食を堪能する贅沢な時間を過ごすことができる。

『瀬戸内国際芸術祭2016』は、

春:2016年3月20日(日・春分の日)~4月17日(日) 29日間
夏:2016年7月18日(月・海の日)~9月4日(日) 49日間
秋:2016年10月8日(土)~11月6日(日) 30日間

の合計108日間、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ)、高松港・宇野港周辺にて開催。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ