3Mのポスト・イット 「失敗作×業務外」のムダコンボが大ヒット
ケトル

3Mのポスト・イット 「失敗作×業務外」のムダコンボが大ヒット

ビジネスで成功する秘訣といえば、少しでもムダを排除すること。そのために設備投資をしたり、コンピューターを導入したり、ソフトウェアで人員や仕事内容を管理したりと、企業はムダをなくすための努力を怠りませんが、時にはムダが何かを生み出すこともあります。

たとえば自由な社風の象徴として有名なグーグル社の「20%ルール」。勤務時間の20%を担当業務外の研究開発に充ててよしとするもので、これにより社員は普段は一緒に仕事をしない同僚とチームを組み、普段は使わないスキルを習得します。そんなムダから、Gmailやグーグルマップが生まれたのです。

文具メーカーの3M社の代名詞的存在のポスト・イットもムダから誕生しています。本当は強力な接着剤を作りたかったのに、研究者のスペンサー・シルバーさんは、なぜか「すぐつくけど剥がれる」という接着剤を作ってしまいました。

これをどうにか活用できないかと考えた彼は、同社が導入していた勤務時間の15%を好きな研究に充てられる「15%ルール」を利用し、商品化に向け奔走。結果は周知の通りとなりました。失敗作と業務外研究の「ムダコンボ」が、大ヒット文具を生んだのです。

◆ケトル VOL.29(2016年2月12日発売)

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ