見知らぬ人に会ったらまずここを確認 「耳は口ほどに物を言う」の意味
ケトル

見知らぬ人に会ったらまずここを確認 「耳は口ほどに物を言う」の意味

年度が変わる4月は、色々と新しい出会いがある季節。顔、表情、目、服装、体型……目が行く場所は人それぞれでしょうが、シャーロック・ホームズの場合、彼がチェックするのは“耳”だったようです。よく「目は口ほどに物を言う」といいますが、ホームズにとっては、「耳は口ほどに物を言う」ようです。『ボール箱』でこう語っています。

「人体のうちで耳ほど変化の激しいものはない。どの耳をとってみても、原則として著しい特徴があり、ほかのどんな耳ともちがっているのだ」

この事件では、スーザン・カッシングという女性のもとに「切り取られた2つの耳」が発端となっています。なんとも気味が悪い事件ですが、ホームズは耳だけを手がかりに、あっという間に解決の糸口を見つけます。実はこの耳は別々の人物のもので、ひとつはスーザンの妹の耳。それをホームズは彼女の顔を観察しただけで把握してしまうのです。

というのも、ホームズは以前から耳の特徴について研究し、雑誌に論文を発表していました。だから切り取られた耳を見て、次にスーザンの顔を見ただけで、この2人は姉妹だと見抜いたのです。あらかじめ“耳”に関する研究をしていなければ、事件は迷宮入りになっていたかもしれません。本編を読んだら、いろんな人の耳が気になってしまうこと間違いなしです。

この『ボール箱』は発表当時、「内容が過激すぎる」という批判を受けて、作者のコナン・ドイルは自ら短編集から削除しました。しかし作品への愛着のためか、別の『入院患者』という短編に一部の文章をそっくり使っています。こんなエピソードからも、ホームズの(ドイルの)耳に対するこだわりがうかがわれます。

◆ケトル VOL.29(2016年2月12日発売)

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ