“元セレッソユース”のMIYAVIはなぜサッカーを辞めてギターを握った?
音楽と動画

“元セレッソユース”のMIYAVIはなぜサッカーを辞めてギターを握った?

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.127』 HISASHI、MIYAVI、NGT48

アメリカのロサンゼルスを拠点に、活躍の場を世界に広げるギタリスト・MIYAVIが、8月31日に新作『Fire Bird』をリリースした。今では“サムライ・ギタリスト”として世界から注目されるMIYAVIだが、もともと彼は、セレッソ大阪のユースチームに所属していたという経歴の持ち主。なぜMIYAVIは、そこまで打ち込んだサッカーを辞め、ギターという道を選んだのか? 9月1日発売の『クイック・ジャパン』vol.127で、MIYAVIはこのように語っている。

「小学2年生でサッカーを始めたんですけど、当時はちょうどJリーグが開幕した頃で。チームではずっとキャプテンでした。その頃は田舎でブイブイいわせてたわけですけど(笑)。で、その小学校を終えるタイミングで、どうせやるならプロの世界にいきたいと思って、セレッソ大阪のユースチームの試験を受けたんです」

そして見事に合格したものの、「そこで一度挫折してる」「完全に心がへし折られた」というMIYAVI。片道1時間半かけて練習に通う生活は、想像以上に厳しかったようだ。

「それまでは休み時間にもボールを蹴ってたのに、もうそれどころじゃなかった。しかも、俺だけが市外のチームに行っちゃったもんだから、学校の友達ともだんだん距離ができちゃうし、カノジョからは『もうつまんない』と言われちゃうし(笑)。完全に孤立してましたね。そういうタイミングで、足をケガしちゃって」

そんなことがあってサッカーから離れ、虚無感に襲われていたMIYAVIが出会ったのがギターだったのだとか。辛い経験を経たMIYAVIだが、ギターとの出会いは奇跡的だったようで、

「中学校の頃はサッカーボールを蹴って世界中を旅したいと思っていたけど、今はこうしてギターを担いで世界を飛び回ってる。で、『Fire Bird』のテーマは『心さえ折れなければ、また飛べる』ってこと。これから先も、俺はこういうことを歌っていきたい」

と、語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.127(2016年9月1日発売/太田出版)

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ