書泉グランデ(神保町)にディスプレイ中の『嘘と人形』特大ポスター
書泉グランデ(神保町)にディスプレイ中の『嘘と人形』特大ポスター
読書・コラム・レポート

岩井志麻子がヒョウ柄で登場 『嘘と人形』サイン&トークショー

Amazonより
『噓と人形』 岩井志麻子

8月1日(火)、東京・秋葉原の「書泉ブックタワー」にて、岩井志麻子の『嘘と人形』発刊を記念したサイン会&トークショーが開催される。

〈テレビで岩井志麻子を見るたび、私は姉である本間切美を思い出す。生前、姉は芸術家になりたかった。ネットではカルト的な人気があった姉だが、芸術家としては凡庸で素人目でも稚拙とわかる作品は、見る者を不快にさせ不気味で狂気に満ちあふれていた。

そして願いは死をもって成就した。切断された姉の首は、彼女の住んでいたマンションの一室で、子供たちに人気のヒョウのぬいぐるみの首にくるまれて転がっていた。この猟奇的な殺され方は、なぜかQ国で起きた「ガオちゃん殺人事件」に酷似していた……〉

『嘘と人形』は、東京近郊の貧困地域で生まれ育った姉妹、その悲惨な生い立ちと顛末を描いた作品だ。1999年発表の『ぼっけえ、きょうてえ』で、第6回日本ホラー小説大賞と第13回山本周五郎賞を受賞した岩井だが、今作について文芸評論家の清水良典は「現代においてもっとも貧しいもの、もっとも恐ろしいものを描く作者の新境地である」とコメント。格差の拡大とグローバル化が生んだ貧困者の恐ろしい魔界を描く新しいミステリー小説となっている。

イベントには、『5時に夢中!』(TOKYO MX)などのTV番組でおなじみの“セクシーなヒョウ柄スタイル”で登壇。都内某所で精神科医を営み、『鬱屈精神科医、お祓いを試みる』を上梓した精神科医の春日武彦氏とともに、日本を被う病理と闇を語りつくす。

「『嘘と人形』刊行記念 サイン会&トークショウ」は2017年8月1日(火)19:00~20:30、書泉ブックタワー(東京都千代田区神田佐久間町1-11-1)にて開催。

【「読書・コラム・レポート」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ