アイドルの王道を行く寺嶋由芙 目指すは「みうらじゅんさんのアイドル版」
音楽と動画

アイドルの王道を行く寺嶋由芙 目指すは「みうらじゅんさんのアイドル版」

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.134』 鳥飼茜

「まじめなアイドル、まじめにアイドル」というキャッチフレーズを持つ“ゆっふぃー”こと寺嶋由芙が、ニューシングル『知らない誰かに抱かれてもいい』を11月8日にリリースした。アイドルとしては非常にセンセーショナルなタイトルだが、ゆっふぃーは王道アイドルの道を捨ててしまったのか? 『クイック・ジャパン』vol.134で、寺嶋はこう語っている。

「『天使のテレパシー』で好きな人との出会いを歌って、『わたしを旅行につれてって』では両思いに。通常の私なら次は結婚だと思うのですが、三部作の最後は新しい一面を見せたくて。大好きな松浦亜弥さんの『LOVEL涙色』みたいな曲が私にもほしい! と失恋の曲をお願いしたんです。初めは歌詞に驚きましたが、いい意味でキャッチフレーズを裏切れたと思います」

PVでは髪を切ったり、シックなバーに行ったり、別れたシチュエーションを細かく設定して、できるだけ大人っぽさを出したという寺嶋。最近はグループアイドルが全盛だが、ソロで活動することについてどう考えているのか?

「最近ソロアイドルはあまり多くないですが、やりたいことがダイレクトに表現できるので自分には合っていると思います。ゆるキャラグランプリではお客さん側で号泣していたのに、今は司会をさせてもらっていて。非常に個人的なヲタ活をソロならやらせてもらえるので、本当に幸せ者です」

ゆるキャラが大好きで、アイドルとゆるキャラを繋ぐ「ゆるドル」として各種キャラクターイベントに出演する寺嶋は、

「数年前は普通でまじめな自分に悩むこともあって……でも、今はそれが強み。これからも『まじめ』は変わらないと思います。私、みうらじゅんさんのアイドル版になりたいんです。ご一緒するといつも楽しそうで、こっちまで楽しい気持ちになります。苦労を見せず、自分の好きなものを突き詰め続けて周りを楽しませている姿に憧れます」

とのこと。ニューシングルではイメージを裏切ることに挑戦した彼女だが、王道アイドルの道を全うする気持ちは失っていないようだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.134(2017年10月24日発売/太田出版)


◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ