TBSラジオ「珍プレー好プレー大賞」で“レジェンド”と呼ばれる大物アナは?
ケトル

TBSラジオ「珍プレー好プレー大賞」で“レジェンド”と呼ばれる大物アナは?

Amazonより
『ケトル VOL.39』 ジェーン・スー、中澤有美子、久米宏、伊藤弘、伊集院光、南部広美、南馬越一義、堀井美香…ほか

2017年も残すところ1月あまり。テレビでは「2017年ベスト○○」「○○大賞」といった企画が増える時期ですが、TBSラジオでは毎年年末、「珍プレー好プレー大賞」を放送しています。

2003年から2008年までは『伊集院光 日曜日の秘密基地』、その終了後は『爆笑問題の日曜サンデー』に引き継がれて現在も継続中。その“珍プレー”でレジェンド級の存在となっているのが、平日早朝の『生島ヒロシのおはよう一直線』のパーソナリティである生島ヒロシさんです。

生島さんはTBS出身のベテランアナウンサーでありながらも、生放送中に読むべき原稿をなくすことはしょっちゅうで、慌てて水をこぼしたり、同じコーナーを2度振ってしまったり、あるいは飛ばしたりとミスを連発。2009年にはひとつのミスだけで収まらず、「生島ヒロシのNG集」としてノミネート。爆笑問題の太田光さんからも、あまりのミス連発ぶりにアナウンサー生命を心配されました。

しかし、それでもクレームはなく、リスナーから愛され、今や“珍プレー”の代名詞的な存在となっています。TBSラジオと言えば、毒蝮三太夫さんの「ババア」から深夜放送の「JUNK」まで、自由度の高さでおなじみですが、生島さんはある意味、TBSラジオでもっとも自由な存在といえるかもしれません。

◆ケトル VOL.39(2017年10月16日発売)

【「ケトル」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ